パリ発 究極のクチュールバッグ カツァラス・ジャポン株式会社
カツァラス・ジャポン株式会社のホームページへようこそ!カツァラス・ジャポンは1919年コンスタンチン・カツァラスより創業された、クチュールバッグという高度に洗練された技法が要求される最高の技術を有するパリのアトリエとして認められたCARSAEAS社の日本及びアジアの販売店です。是非、お手にとって究極のクチュールバッグ、カツァラス社のバッグをご検討下さい。
カツァラス・ジャポン株式会社の会社案内はこちらをご覧下さい カツァラス・ジャポン株式会社の会社へのお問い合わせはこちらから
 
カツァラス・ジャポンのTOPページへ カツァラス・ジャポンからのお知らせ カツァラス・ジャポンの製品情報 カツァラスとは カツァラスのコンセプト・ポリシーのご案内 カツァラス・ジャポンによく寄せられるご質問 カツァラス・ジャポン株式会社の会社案内 カツァラス・ジャポンへのお問い合わせ
 
究極のクチュールブランド<カツァラス>とは?
 
 

究極のクチュールバッグ  「カツァラス」ブランド


 

「カツァラス」は、1919年、創立者コンスタンチン・カツァラスにより創業。
以来クチュールバッグという高度に洗練された技法が要求される分野にあって、最高の技術を有するパリのアトリエとして認められてきました。

カツァラス社の技術を高く評価した一流のオートクチュールメゾンは、彼に顧客の装いに合わせたバッグの製作依頼をするようになりました。シャネル社の手縫いキルティング・ラムレザーバッグ、ディオール、サン・ローラン、ニナ・リッチ、モラビト、エルメスなど、彼は数少ないハンドバッグのオートクチュリエとしてパリ・モード界に確固たる地位を築いてゆきました。

今までに、英国エリザベス女王、歴代フランス大統領をはじめ、各国著名人のために珠玉のバッグを手がけ、またフランス政府の外国賓客への記念品にも採用されてきました。それらの事からも技術の確かさやクオリティーの高さをうかがい知ることができます。

現在、これまで限られた顧客だけのものだったクチュールバッグの世界を、より開かれたものにするためパリ本社にサロンを設け、「カツァラス」ブランドを世界に広めることを目標とし、その初めとして日本での本格的な活動を開始しました。

 
 

創始者 マーク・カツァラスのご紹介


 

マーク・カツァラス18世紀初め、アテネからパリに移住したカツァラス家は、代々建築彫刻や、皮革細工を営む一族でした。厳格なバッグ職人だった父から、当時確立されつつあった皮革素材によるバッグ製作技術を学んだ少年マークは、その優美な美しさに魅了され、自身もバッグ職人として生きる決心をします。

幾多のアトリエで様々な経験を積み、修行時代に出会った妻オデットとともに、マーク・カツァラスは、1948年バスティーユ広場に程近いサン・セバスチャン街に自身の小さなアトリエを構えました。第二次世界大戦後のパリ・モード界は、偉大なクチュリエ「ディオール」が君臨し、パリ・オートクチュールの絶頂期を迎えていました。


モードの都パリ―――その背景には、<オートクチュール(高級仕立の意)>というフランス・モードの伝統があります。19世紀、産業革命による発展とそれを享受した人々の裕福な時代。ガス灯が整然と並ぶ美しい大通りに豪著な馬車が行き交うベル・エポック(美しき時代)のパリは、世界中の人々を引き付けてやまない<ヨーロッパの都>でした。カツァラス・ドゥ・パリ アトリエ風景そんなパリに、オートクチュールという文化が生れたのは、美しく着飾ることに金を惜しまない王侯貴族や上流階級などの顧客と、一流のデザイナー、クチュリエ(裁断師)やの<メゾン>、フランスの伝統技術を綿々と受け継ぐ職人たちの<アトリエ>が、パリという舞台に揃っていたからこそでした。最高の装いを表現するために世界中から最高の素材が集められ、デザイナーたちは全ての情熱を注ぎ、熟練した職人芸が完璧な手作業でそれに応えます。例えば、一着のドレスを創るために、企画、デザイン、裁断、縫製など数百人もの膨大なエネルギーが注ぎ込まれます。

マーク・カツァラス アトリエにてそして、そのオートクチュールこそ、フランスの伝統皮革技術を守り、持つ人の身体の一部になるようなバッグを創りたいという夢を抱くバッグ職人マーク・カツァラスの理想につながるものでした。自社製品のための店舗を構えず、彼は、アトリエを訪れる顧客のためだけに、バッグを作っていました。彼は、顧客の趣味、服装の好み、生活習慣まで聞いたうえでバッグのデザインに取りかかります。こうして完成されたバッグに刻まれた「カツァラス」のサインが、バッグがその顧客のためだけに作製された証でした。


1956年、彼らは、フランス皮革展覧会に小さなクラッチバッグを出品し、大きな注目を集めました。それは妻オデットがデザインした、表面に縫い目を見せない独特の製法で創られたものでした。 それ以来、マーク・カツァラスのハンドバッグは、フランス・モード界に広く知られるようになり、彼の実力を高く評価した一流メゾンは、彼に、顧客の装いに合わせたバッグ製作を依頼するようになりました。 シャネル社の手縫いのキルティングによるラムレザーバッグ、ディオール、サン・ローラン、ニナ・リッチ、モラビト、エルメスなど、彼は数少ないハンドバッグのオートクチュリエとしてパリ・モード界に確固たる地位を築いてゆきました。ボックスカーフ レザーストック
1964年アトリエを拡張し、自社ブランド「カツァラス」を発表。「カツァラス」のサインに込められた創業者の意志をロゴマークとして再現しました。

自社製品を海外に輸出するようになっても、広告宣伝は一切行わず、製品の最高品質を保つために製作本数は厳しく限定されます。顧客にとって最高のバッグを提供するという<カツァラス>の理念は、オートクチュールのノウハウを生かしたカスタムオーダーシステムを全てコレクションに採用するなど、現在に至るまで貫かれています。生粋のバッグ職人マーク・カツァラスは、バッグを通して、常に最高の価値を追求していました。彼は、永い時をひとつのバッグとともに過ごすことで、顧客が、彼の創った小さなバッグに対して抱く愛着という価値を最高の喜びとし、何よりも誇りとしてきたのです。そしてそれが彼にとって最高の価値にほかなりません。

 
 

クチュールバッグという究極のハンドメイド


 

250年以上に及ぶフランス皮革技法の伝統は、皮革と密接な関わりを保ってきた西洋人の文化史を語る上で欠かすことのできない重要な役割を占めてきました。

職人から職人へ脈々と受け継がれてきた伝統技法の数々は、現代ではわずか数人の名匠によって守られているに過ぎません。これらは、k機械による大量生産品では決して実現できない、ひとの「手」によってのみ生みだせる美しさを備えています。その上、半世紀もの使用に耐え、革の柔軟性を保ち、縫い目に狂いを見せない優れた耐久性を持続します。

「クチュールバッグ」は、バッグ製作の分野でその伝統をいまに伝える唯一のものといわれています。それは、ごく限られた王侯貴族などの顧客のみに供給され、決して市場に出廻ることなく、素晴らしさを語り継がれてきたという神秘性に満ちています。

吟味された最高の皮革素材は、伝統的な手法で特別にためされ、その技法を駆使できる数少ない名匠の手によって完全なハンドメイドで完成されます。

 
 

カツァラス デザインポリシー


 

「バッグは、それ自体では完成されない。持つ人と、その服装に調和してこそ、その意味がある。バッグは目立ってはならない。あくまで引き立て役であるべきだ。」

 マーク・カツァラスのこの言葉は、スタイルとの完全な調和こそカツァラスのデザインポリシーであるということを表しています。 「バッグは物を納めるという、その本来の機能を忘れてはならない。」カツァラス・バッグのデザインは機能がそのフォルムを決定することを基本としています。

充分な収容を満たし、使いやすいことはなによりも重要視されねばなりません。まず「何を収めるか(収容)」から始まり、「どう納めるか(機能)」が、カツァラスにとってのデザインなのです。

そうして完成された純粋な無駄のないラインが、服装を含めて手にする人のスタイルと調和し本物の気品を生み出すことを、「カツァラス」は知り抜いています。

これは、オートクチュールの世界で数多くのメゾンのためにバッグを手がけてきた「カツァラス」の確固たる信念なのです。

 
 

オーダー・スタイル


 

「カツァラス」では全ての製品モデルの素材や色違いによるオーダーを承ります。
完全な手作業によるため、納期は、素材や特別色などによって異なりますが、およそ3ヶ月から6ヶ月が目安となります。

 
 

カツァラス・クオリティ


 

バッグをはじめとする主な製品は熟練した職人による手作業で行われすべての工程を一人の職人が受け持つことで、絶妙なクオリティ・バランスを保っております。

代表的な製法として、ロウ引きした糸で縫い合わせる「サドルステッチ仕上げ」、革の切り口をロウ付けして磨き上げる「シール仕上げ」など、皮革職人の伝統的な技法を頑なに守り続けております。

また、皮革素材の最高品質を保つために製作本数を厳しく限定しております。

「カツァラス」は、創業以来、常に望みうる最高の素材を製品に用いるという基本理念のもとに良質な素材を確保し、継続的に供給できる体制を維持しております。

 
 

販 売


 

日本及びアジア地域での販売は、現地法人であるカツァラス・ジャポン株式会社を通して行われます。

 
 

カツァラス・ジャポン取扱商品


 

婦人用

ハンドバッグ・バッグ・財布小物等

紳士用

ブリーフケース・旅行バッグ・財布小物等

その他服飾品

ベルト・手袋・ステーショナリー・傘・アクセサリー等

 

 

オートクチュールバッグ

完全受注生産品